カートをみる 新規会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2014年6月 サントリー白州蒸溜所の旅

 白州蒸溜所2014 
平成26年6月15日
「サントリー白州蒸溜所」へラウンジ緑さんの皆さんと研修に行ってきました。(^^)

 白州蒸溜所2014 
今回のセミナーのスケジュール です。

 白州蒸溜所2014
山崎蒸溜所とはタイプの異なる新たな原酒を求めて開設されたサントリー第2の蒸溜所です。世界でも珍しい高地に位置する
森の蒸溜所」として多彩な原酒をつくり分けてきました。  

 白州蒸溜所2014
深い森と幾多の清流に囲まれた白州です。
ほんとに緑豊かな森の中でした。
心地よい森の香り・・・
 (-0-)癒されます。
 白州蒸溜所2014
山の水は、神様がくれた水。南アルプスの山々をくぐり磨かれてきた水は軟水で、白州蒸溜所で生まれるモルト原酒の貴重な仕込み水となっています。 
  「仕込み釜」です。白州蒸溜所2014 白州蒸溜所2014


発芽した麦(麦芽)に含まれる酵素によって、でんぷんを糖分に分解する工程「仕込み」
細かく砕かれた麦芽が温水とともに仕込み槽に送り込まれ、でんぷんが糖分に変わった甘い麦汁が得られます。
ここで使われる仕込み水が麦汁の味わいを大きく左右するため、蒸溜所は良い水の湧くところに立地しています。

白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014 

 発酵は酵母が生きるためのエネルギーを糖分から得るためにアルコールと炭酸ガスに分解していく過程 
 

あわあわ~です。すごい活きてる!
発酵の最盛期。泡が溢れ出ないように発酵槽の中でプロペラを回して泡を切ってます。
酵母の活性が無くなるとだんだん泡が消えてゆき、酵母に代わって乳酸菌などが活動して香味の厚みが増してきます。
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014 

蒸溜の工程にきました。
発酵の終わった醪(もろみ)を銅製のポットスチルと呼ばれる単式蒸溜器にいれて二度蒸溜。
色んなタイプのモルト原酒をつくるために、蒸溜釜の形と大きさ、そして蒸溜方法・加熱方式を使い分けるそうです。
 


白州蒸溜所の代表的な形
「ランタンヘッド型ポットスチル」
「ランタン型」は洗練されたすっきりとした味わいに。
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014


こちらは「ストレートヘッド型」 
「ストレート型」は重厚な味わいの酒質になります。





ポットスチルの前でパチリ! 
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014
ここで一息
 白州の森です。(^^)
綾野剛さんが居そう。(白州のTVCMにでてる)



熟成中のウイスキーです。
蒸溜された原酒は無色透明です。香味もまだ、未熟で荒削り。これを樽で熟成させると、半年くらいで黄色になり、3年、5年とたつうちに琥珀色に染まっていきます。香りも深く複雑になり、味わいもまろやかに変わっていきます


 白州蒸溜所2014



無事研修も終わり・・・
夜です。

「日比谷BAR WHISKY-S II(ウイスキーズ ツー 」です。(0^^0)
5月にオープンしたばかり。
白州蒸溜所がコンセプトになってるそうで、「森」のイメージの心地よいバーでした。
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014
オリジナルカクテルです。
 白州蒸溜所2014
「白州 森香るハイボール」
  すっきり美味しかった(^^)
白州蒸溜所2014  


ソーセージも美味しかった!
 白州蒸溜所2014


マンダリンオリエンタルホテル
最上階からの夜景です。
奥に見えるのは・・・・・・ 

  スカイツリー!!!

 白州蒸溜所2014
2日目です。

東京観光。
この眺めは・・・
  東京スカイツリーです!! 
 

なんと
窓拭きしてました。
東京スカイツリーですよっ
 すごいです。お兄さんたち!
目が合ったら、手も振ってくれました。  すごい余裕です。プロだなぁ  
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014 
天望デッキフロア340のスポット『ガラス床』
足元が丸見えっ・・・
絶対大丈夫なんだけど、なんだかちょっと怖い・・・ 私は絶対
窓拭きなんかできませんわ。
             E(=^^=)



       鏡に映ってパチリ! 
 白州蒸溜所2014
 白州蒸溜所2014 


みんなでパチリⅠ
 


みんなでパチリⅡ
楽しい研修でした。
お世話になった皆さんに感謝します。  (^^)
 白州蒸溜所2014

平成26年5月24日 宗玄酒造蔵開き

宗玄蔵開き1蔵開きの会の開会式です
中央から大門さん(西部警察?)  坂口杜氏、徳力社長です。
 先ずは蔵見学です。
ここは「麹室」
 宗玄蔵開き2
 宗玄蔵開き3 仕込み中のタンクがいっぱい。
宗玄酒造では、1トン仕込みを行っています。普通は2トン仕込みなのですが、
坂口杜氏は
「1トンのタンクじゃないとだめ。2トンタンクだとしっかりと納得のいく管理ができないから。」
こだわってます。
酒母をつくっています。酵母を培養しているところ。美味しい酒を造る能力を持った酵母だけを大事に育てています。坂口杜氏は
山廃はあまり好きでないそうで

「山廃よりも旨い酒を造る!」
信念があります。
 宗玄蔵開き4
 宗玄蔵開き5ここで、ちょっと気になるもの発見!
懐かしいと思われる方、わたくしと同年代ですね。
「キリンライトビール」の椅子です!  めっちゃ貴重ですよねぇ 
 トンネル入り口です。
あの黄色いのが噂のトロッコ!
 宗玄蔵開き6
 宗玄蔵開き7 トロッコに乗ってスタートです。
なんと自分で漕いでいきます。
しかも一番前の人だけが、漕ぐんです。聞いてないようぅ(--)はりきって一番前に座ったのに・・・
右は土村屋酒店さん
左がわたくし能田屋です。
とりあえず恋路駅までがんばります。
 トンネルの中「隧道蔵」です。
普段はお酒のオーナーさんしかはいれません。
ひんやりしてま~す
 宗玄蔵開き8
 宗玄蔵開き9 もうすぐ休憩所があります。
素敵なカップルさんが前にいました。お幸せに。
 こちらが休憩所です。 宗玄蔵開き10
 のどかな風景が広がってます。
気持ちよかったぁ
 宗玄蔵開き11
 宗玄蔵開き12そして蔵に戻りまして
試飲会です。宗玄酒造さんの全社員のみなさんです。
いつもお世話になっています。
       (^^)
 4種類のお酒の種類を当てるクイズもありました。
見事、全問正解!といきたいところでしたが、2問はずれちゃった
(--)   ちょっとトロッコ漕いだ疲れがでたのかも・・・(^^)へへへ

楽しい蔵開きでした。
宗玄のみなさんありがとうございました。
 宗玄蔵開き13

平成18年2月26日 獅子の里 (松浦酒造)

2006 年 2 月 26 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

平成18年2月26日久しぶりに専務さんに頼んでやっとこ蔵の中
(これがお客を連れてなかなか入れてくれない)に入ってきました。
朝10時、うちのパソコン担当の西さんの運転で(かわいそう酒が飲めない)松浦酒造に7人で向かいました。
車中は、子供の遠足のようにワクワク(^_^)vしていました。

うまそ~
仕込タンクの中
(純米吟醸)で
ぷくぷく活きずいています
もうすぐ搾れそうです。
いちどうなまつば(^o^)
皆さんの顔がどーしても
飲んでみたい!!
専務さんが恒例の試飲(試食)
どぶろくみたいな感じです。
待ちに待った試飲
まずは、春発売のできたての鮮瓶も変わり夏向きな中身とぴったりになりました
微発砲で女性にはうけそう (^_^)v
次に、大吟醸
次に、凛
香り旨みがあり柔らかく
喉ごしがスッキリしていました。
だめ押しになにやら小さめのタンクから40%の大吟醸
内緒で飲まして頂きました
これが又  う ま い
後は 大宴会です。
マイグラス持参で
みんなべろべろ
手術してたのを忘れて飲んでいた人
だーれ(わしか)
西さんは指をくわえてうらやましそうにたたずんでいました
(香りだけ惨め(T_T))
後ろ髪を引かれる思いで蔵をあとにし、、、
店で、専務さんに、
獅子の里オリジナル
大吟醸ソフトクリームを
ごちそうになりました
これが また う ま い

平成18年3月26日 奥能登焼酎 ちょんがりぶし 日本醗酵化成

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

平成18年3月26日
今年2回目
得意先 味処 山下様の息子さん達にせがまれて、、、またも来てしまいました。
日本醗酵さんには、7年前からオリジナルで俺の生きがいの15年物のビンと18年物の壺、
六珀、を造ってもらっている関係で藤野社長ご夫婦にはたいへんお世話になっております。
社長が金沢に来られた際は夜の片町では遅くまで(かなり)
お付き合いさせて頂いております!!どこって、、、それは、、、
金沢から珠洲まで3時間ようやく着きました!(大阪まで行けるかな)

昨年新しくした蒸留塔です
去年まではピカピカの1年生

減圧、単式蒸留器で蒸留を行います。
低い温度で蒸発が始まるのでまるみのある
口当りの軽いソフトな焼酎ができます。

ちょんがりぶし 日本醗酵化成原料は佐賀産の最高級の麦を使用しています
見て下さい
旨そうな大きな粒
ちょんがりぶし 日本醗酵化成
ちょんがりぶし 日本醗酵化成これは蒸し器です
自動式のドラムで蒸します。
麹菌の胞子がつきやすくなるようにやわらかくふっくらと蒸上げます。
蒸し立ての麦をおにぎりで食べさせてもらいました
麦ご飯てこんなに甘くて旨いの!(香りも甘い)
原料がこれだけ旨ければ何年か先が楽しみだ!
・・・放冷・種付け・・・蒸した麦を冷ましてから手作業で麹菌(河内菌白麹)を手作業で振りまきます。

・・・製麹・・・種付けの後、一定温度で管理して寝かせておくと蒸麦に菌が繁殖します。酒蔵でいえば室です。

ちょんがりぶし 日本醗酵化成
ちょんがりぶし 日本醗酵化成昨年新しくした蒸留塔です。去年まではピカピカの1年生。減圧、単式蒸留器で蒸留を行います。低い温度で蒸発が始まるのでまるみのある口当たりの軽いソフトな焼酎ができます。
・・・熟成・・・できあがった物をまずここで寝かせます。何年かな?何十本あるかな?琺瑯タンクまたは樫樽などで長期熟成します。 ちょんがりぶし 日本醗酵化成
ちょんがりぶし 日本醗酵化成昨年に出来た焼酎の2番目に絞った良い出来の方を能田屋の特注で木樽に入れて味見をしながら寝かしております。
発売はいつになるかな!ネーミングは今のうちに考えておこう!!
これは誰のものかな???
社長におねだりしょうかな(*^_^*)
でもふたの上に番号が、、、
まずいまずい(^_^;)
ちょんがりぶし 日本醗酵化成
ちょんがりぶし 日本醗酵化成左上から
北川君、俊一郎君(長男)、藤野社長、
左下から
志々目君、大士郎君(次男)
5人とも色男

店主の酒蔵訪問記


訪問先の酒蔵訪問
宗玄酒造株式会社宗玄酒造株式会社

平成21年2月15日

平成22年3月14日

平成24年8月19日

平成25年4月19日

平成26年5月24日

奥能登の白菊白藤酒造奥能登の白菊
        白藤酒造
平成20年2月17日
奥能登珠洲櫻田酒造
奥能登珠洲
 櫻田酒造

平成19年5月13日

平成25 年 4 月 19 日

萬歳楽萬歳楽白山蔵平成19年2月11日
天狗舞(車多酒造)天狗舞(車多酒造)平成19年2月4日
平成19年2月11日
福光屋 黒帯、加賀鳶福光屋 黒帯、加賀鳶平成18年11月2日
夢醸 (宮本酒造) 夢醸 (宮本酒造)平成18年4月21日
常きげん(鹿野酒造)常きげん(鹿野酒造)

平成18年2月1年ぶりの農口杜氏のもとへ

2011 年 5 月 24 日

獅子の里(松浦酒造)獅子の里(松浦酒造)平成18年2月26日
平成19年2月4日
秘境五箇山 三笑楽(三笑楽酒造秘境五箇山 三笑楽(三笑楽酒造

平成18年3月19日
平成19年2月18日

平成22年3月7日

奥能登 竹葉 (数馬酒造)奥能登 竹葉 (数馬酒造)

平成18年3月12日

2011 年5月15日

能登焼酎ちょんがりぶし
          日本醗酵化成

平成18年3月26日

平成18年8月30日
平成19年5月13日

平成22年3月14日

平成24年8月19日

平成25年4月19日

和歌山県の中野BC平成23 年 10 月 28
鹿児島県の「濱田酒造」平成23 年 10 月 3 日
サントリー山崎蒸溜所

2010 年 7 月 26 日

2011年6月19日


サントリー白州蒸溜所


2014年6月15日

2013 年 4 月 19 日 櫻田酒造

2013 年 4 月 19 日 金曜日

春の能登路に行ってまいりました。
きっかけは・・・
ちょんがり社長の
「新しい蒸留機いれたし、見に来てぇ」という一言がありまして。

ちょんがりは後ほど・・・・

先ず最初に、珠洲蛸島の「櫻田酒造」さんに伺いました。
誠に失礼ながら、突然のアポなし訪問で・・・・
櫻田の社長さんもびっくりの、というかちょっと怒ってたなぁ  m(--)mすみません。
でも、快く・・・蔵内見せてくれました。ありがとうございます。

櫻田酒造 櫻田社長さん
ここで、お酒の濾過の作業中でした。
「大慶純米酒」の熟成タンクです。
3本入っていました。
櫻田酒造
大慶純米酒 ←こちらが、タンクの中
「大慶純米酒」です。想像よりも濃い色です。
試飲いただきました。ちょっと酸が強め。
酸度は2.4。
櫻田社長も、今の段階では、納得いく味ではないので、瓶詰めして夏までねかせてから、出荷するそうです。
人気のお酒「大慶」ですが、もう少しお待ちください。

2013 年 4 月「能登ちょんがりぶし」日本醗酵へ

2013 年 4 月 19 日 金曜日

能登ちょんがりぶし」日本醗酵へ

蒸留機こちらが新しい「蒸留機」です。
スティルが美しいです。
いい仕事してくれそう!
たくさんの麦袋たくさんの麦袋。
つやつやと綺麗な佐賀県産の高級大麦です。
ちょんがり焼酎の旨さは、この麦からくるんですね。
麦そのものが、甘くてとても美味しい。
佐賀県産の高級大麦
麦を蒸しながら、酵母菌も一緒に混ぜてる機械麦を蒸しながら、酵母菌も一緒に混ぜてる機械です。(日本酒造りより、おおらかな造りだなぁ)

酵母をつけた麦をねかせています。

をつけた麦をねかせています
酵母つけた麦。酵母つけた麦。
仕込み中のもろみ。仕込み中のもろみ
仕込み終わったもろみを搾る機械仕込み終わったもろみを搾る機械。
「俺の生きがい」のタンク
「俺の生きがい」のタンク
「俺の生きがい 壷」のタンク  
「俺の生きがい 壷」のタンク  
ゆっくりねて美味しくな~れ。
懇親会の谷野旅館にて
いい気分の日本醗酵社長と
谷野旅館の美人女将とツーショット
             (^^)V
谷野旅館の美人女将と

2013 年 4 月 金曜日 宗玄酒造

2013春 「新しい蒸留機見に来て!」能登の蔵めぐり   (^^)

2013 年 4 月 19 日 金曜日

宗玄酒造へ→

宗玄酒造さんです 宗玄酒造さんです。
まだまだ蔵は熱気ムンムンでした。
ただいま、本醸造の仕込み真っ最中。
いつもの年なら、この時期は仕込みもひと段落し、
蔵も落ち着いた雰囲気なのですが、今年は昨年のような酒不足をしないように、多めに仕込んでいるということ。
お酒を飲む方が少なくなってると言われてるこの時代に、嬉しい限りですね。やっぱり美味しいお酒は、どんなときでも飲んでいただけます。
宗玄トンネル完成いたしました。
入り口です。
入って見マ~ス。
宗玄トンネル完成いたしました
宗玄酒造の栃平さんです りっぱな「遂道蔵」(ずいどうぐら)の看板。
宗玄酒造の栃平さんです。
宗玄トンネルは、お酒を保存するのに最適な温度と湿度が年間を通して保たれています。
ここで、宗玄のお酒も貯蔵していますし、
個人オーナーさんのお酒を預かって、お好きなだけ
貯蔵熟成することができるそうです。
いい感じに熟成したお酒は美味しいですよねぇ。
こちらが、蔵の中→

ひんやりしてますよ。

蔵の中
「のトロ」も開通しました 「のトロ」も開通しました!
宗玄トンネルから恋路駅までの350メートルの小さな鉄道です。
自分でこぎながら、トロッコを走らせて、のんびりと
恋路海岸を眺めま~す。
のどかな恋路海岸でしたぁ
                (^^)V
また来るね。

今回も楽しい能登路でした

今回も楽しい能登路でした。
櫻田酒造さん、日本醗酵さん、宗玄酒造さん
ありがとうございました。

2012 年 8 月 宗玄酒造

2012 年 8 月のお知らせ

オリジナル焼酎「六珀」の原酒試飲と宗玄酒造トロッコ計画!

2012 年 8 月 24 日 金曜日

2012年8月19日(日曜日)
残暑も厳しい毎日でございます。が、酒を愛する私たち。
奥能登珠洲へGO→→

まずは能登を代表する酒蔵「宗玄酒造」さんへ

今、宗玄酒造さんでは、壮大な計画が始まっております。
酒蔵の裏手から「恋路駅」までの350メートル間に トロッコを走らせるというもの!
途中にあるトンネルの中は、貯蔵庫になります。(トンネル内は年中10℃ぐらいに保たれているそう。)
徳丸社長いわく・・・「遊び心を忘れずに!能登に来て楽しんでもらえるように!」
さすが、宗玄村という地名になっているほどの、昔ながらの地元に愛される宗玄さんです。

北國新聞にも、記事が載りました北國新聞にも、記事が載りました。
左にちらっと見えているのが、宗玄酒造です。
すぐ裏に「のと鉄道」が走っていました。
あのトンネルを、抜けたら↓↓↓↓↓
のと鉄道
トンネル抜けました。
向こうに黒っぽく見えるのが、
「恋路駅」です。
トンネル抜けました
恋路駅こちらが、「恋路駅」!
2005年廃線になった今でも、恋路駅の「駅ノート」には、たくさんのメッセージが書かれているそうです。
生酒の貯蔵タンク宗玄酒造
生酒の貯蔵タンクです。
生酒は、とっても少なくなっています。
大きな貯蔵室です大きな貯蔵室です。
瓶詰めされた生酒は、後これだけ。
そして・・・↓↓↓
能田屋だけに、わけてもらってる能田屋だけに、わけてもらってる
「純酔無垢 生酒」は、後コレだけです。
無垢生ファンが多いだけに、心細いです。
確かに旨いお酒なんです。

宗玄さん、お邪魔致しました。ありがとうございます。m(ー ー)m

2012 年 8 月石川県唯一の焼酎蔵「日本醗酵化成」さんへ

2012年8月19日(日曜日)
残暑も厳しい毎日でございます。が、酒を愛する私たち。
奥能登珠洲へGO→→

そして、石川県唯一の焼酎蔵「日本醗酵化成」さんへ

オリジナル焼酎の原酒の試飲です今回の能登路の大事なお仕事。
オリジナル焼酎の原酒の試飲です。
手前から、5本の樽がそうです。
1番、3番、5番の樽がよかった!
なかでも1番樽は、2年前の試飲の時はよくなったのに、今は最高の味!
一同、悩みます。・・・

日本醗酵社長の息子さん(専務さん)←日本醗酵社長の息子さん(専務さん)です。
右から日本醗酵社長、専務さん、土村屋酒店さん、私というわけで
右から日本醗酵社長、専務さん、土村屋酒店さん、
乙村酒店さん、私で、1番樽をどうするか会議中。
このまま樽で熟成、もっと旨くなるかその反対か、今の状態のまま瓶詰め貯蔵したほうがよいのか・・・。
う~ん。悩みます。
こうして、毎回、思考錯誤しながら、オリジナル焼酎「六珀」を、造っております。是非、一度ご賞味ください。(ちょこっと商売コメントで)(^^)

2011 年 10 月 28 日和歌山 梅酒が美味しい!中野BCの旅

和歌山 梅酒が美味しい!中野BCの旅

2011 年 10 月 28 日 金曜日

秋晴れの10月16日 和歌山県の中野BCさんへ、酒信連の仲間で行ってきました。

中野BC中野BC
中野BC
和歌山県で一番大きな蔵元  中野BCです。
なんと蔵の敷地13700坪もあります。
広々とした蔵の敷地には、これまた素晴らしい日本庭園があるのです。
その庭園は後ほど、公開ということで、まずは蔵見学です。

案内してくれる笑顔のとっても素敵な南方さんです
本日、案内してくれる笑顔のとっても素敵な南方さんです。
よろしくお願いします。m(^0^)m

仕込み蔵まず、 -仕込み蔵ー      いつも美味しい梅酒でお馴染みの中野BCさんですが、
県内一の日本酒蔵でもあります。「長久」というお酒です。
とにかく大きいタンク!!!

そして、ここが  ー梅酒蔵ー
これまた何メートルもあるタンクに、一同
びっくりです。

若い梅は6ヶ月ほど、完熟梅は3ヶ月ほど漬け込むそうです。

梅酒蔵
梅酒蔵

とっても大きいタンクですが、
のぞき窓がついていて、梅の様子を見ることができます。
梅の状態をきちんと管理して
美味しい梅酒ができるんですね。(^^)
それにしても、あの大きなタンクの中に、たっぷり梅が入ってる!

杜氏の河島さんと杜氏の河島さんと(^^)
みんなでパチリ。
みんなでパチリ
長久邸の日本庭園これが、長久邸の日本庭園です。
この素晴らしい庭園を眺めながら、昼食をとりました。貴賓室で(^^)
昭和33年に築かれた3000坪の広さ。
白鳥さんが、優雅に。
りっぱな鯉もいましたよ。
これまた、りっぱな焼き物や掛け軸などなど・・・
この奥の部屋で、血液測定をしました健康でした。
(^^)V
テーマパーク「ポルトヨーロッパ」テーマパーク「ポルトヨーロッパ」
テーマパーク「ポルトヨーロッパ」中野BCさんの見学の後、おまけで・・・
近くのテーマパーク「ポルトヨーロッパ」にやってまいりました。
酒信メンバーにぴったり?・・・の地中海をイメージした異国情緒たっぷりのアミューズメントパークです。
↑↑↑スライダーにのりました。

すごい水しぶきで!!!            

みんなぐっしょり・・・・
水も滴るいい男でございます。 

中野BCのみなさん、ありがとうございました。      

テーマパーク「ポルトヨーロッパ」

2011 年 10 月のお知らせ 鹿児島県の「濱田酒造」

2011.9 酒信連 鹿児島の旅 「濱田酒造」見学

2011 年 10 月 3 日 月曜日

2011年9月3日~4日 酒信連のみなさんと鹿児島県の「濱田酒造」へ。
石川県からの参加は、瀬戸さん、浦田さん、私の三人です。
出発直前まで、超のろのろ台風12号の影響で、飛行機が飛ぶかどうかではらはらでしたが、そこは晴れ男!台風の影響もさほどなく無事予定通り飛行機も飛びました。これも白山が石川県を守ってくれたかなと、いつもながら霊峰白山さんに感謝です。

鹿児島駅着きました。鹿児島駅です。
酒信連のみなさんと合流。
「黒豚料理 寿庵」で夕食です。
鹿児島名物黒豚!!柔らかくて旨味があっておいしかったぁ。
黒豚も食べて、日ごろの疲れもふっとび、元気も復活!!今晩はゆっくり休んで明日の酒蔵見学に向けて充電。
黒豚料理 寿庵

9月4日(日曜)

焼酎蔵濱田屋伝兵衛濱田酒造 
「焼酎蔵濱田屋伝兵衛」
到着。
濱田酒造社長が出迎えてくれました。
社長と。(^^)v
とっても多忙な社長さんで、いつも不在がちなのですが、今日は出迎えていただけてありがとうございます。
社長さん

伝兵衛蔵の中を見学です。
明治元年からずっと、手づくりの焼酎蔵。

伝兵衛蔵の中を見学甕仕込甕仕込
伝兵衛蔵の中を見学伝兵衛蔵の顔ともいえる「木桶蒸留器」です。昔ながらの手づくりにこだわっています。
新しい蒸留器時代の流れ、新しい蒸留器もあります。
原酒を甕貯蔵しています。
甕貯蔵の遠赤外線効果や、無数に詰まった極小の穴が空気をとおしてほどよく熟成がすすみます。特に三年以上長期熟成させると、甕貯蔵ならではの風味とまろやかな味わいになります。
原酒を甕貯蔵しています
こちらは樫たるにて貯蔵。
樽からくる琥珀色の豊かな風味が焼酎に生まれます。
こちらは樫たるにて貯蔵
素敵な九州美人のお姉さん素敵な九州美人のお姉さんたちが、1本1本丁寧に、瓶詰め作業しています。
金山蔵伝兵衛蔵の皆さんありがとうございました。
次は、「金山蔵」へ

薩摩金山の歴史・・・今から350年も昔、薩摩藩19代大守島津光久公の頃に鉱脈が発見され、ひと頃は日本一の産金量がありました。350年にわたり掘り続けられた総延長120キロにも及ぶ金山の坑道に金山蔵があります。

     トロッコ乗り場です。なんだか、この入り口雰囲気は、来たことあるような・・・・
そうそうこの感じ、ビッグサンダーマウンテン(ディズニー!!)だあ。 いざ、出発!!!ビッグサンダーマウンテン
これは、ダイナマイト!!!金を掘ってた頃の名残り、火薬置き場です。
火薬置き場
↑↑どんどん暗い中を進んでいきます。・・・・
そうそうこの感じ、ビッグサンダーマウンテン(ディズニー!!)だあ。

年季の入った穴掘り機

↑↑↑年季の入った穴掘り機

安全と繁栄を祈り、大慈大悲の尊容
黄金の観音様がおいでました。
大慈大悲の尊容
大慈大悲の尊容
金の原石金の原石です。
金のお力にあやかり,開運神社も。開運神社
坑道の中で仕込んでいます。モロミを混ぜています。坑道の中で仕込んでいます。
モロミを混ぜています。
大きなタンクと私 大きなタンクと私。
上着を忘れて、半そでの私。(--)
寒くて寒くてぶるぶる・・・・・
熟成中熟成中。

緑あふれる中に金山蔵

こ~んなに緑あふれる中に金山蔵がありました。

最後にみんなでパチリ

↑↑↑最後にみんなでパチリ。

この後、酒信連のみなさんと別れ、金沢の三人で熊本城へ!

熊本城熊本城です。日本三名城のひとつといわれています。なんと熊本城は加藤清正が築城したのだそうです。無知な私でしたが、加藤清正とは、びっくりでした。
天守閣より・・・「瀬戸さ~ん」
瀬戸さんは、どこでしょう。???
天守閣より・・・「瀬戸さ~ん」

鹿児島の旅も、終わりに近づき・・・
ハプニング発生!!!新幹線に乗り遅れ(><)各駅停車で福岡へ行くことになっちゃいました・・・・・が、福岡「江戸銀」でおいしいお寿司&日本酒をいただき(^^)v
今回の鹿児島の旅!台風で、飛行機飛ぶかどうかのはらはらで始まりましたが、鹿児島は、晴天に恵まれ、トロッコでの焼酎蔵金山蔵見学も、とても良かったです。
濱田酒造さんありがとうございました。
伝統の焼酎

2011 年 12 月のお知らせ 2011年10月22日 吽倶楽部 「いさりび」さん、「中村屋」さん

2011 年 12 月のお知らせ

2011年10月22日 吽倶楽部 「いさりび」さん、「中村屋」さん

2011 年 12 月 7 日 水曜日

おかげさまで、
うまい魚、料理とともに飲むお酒 清酒「」が飲める“吽倶楽部”のお店が全国に拡大中!!!
今日は、埼玉県の「海鮮市場いさりび」さんと「やきとり中村屋」さんにお邪魔しました。

埼玉県川口市 「海鮮市場いさりび」さん埼玉県川口市 「海鮮市場いさりび」さんです。
旬の食材を活かした料理が大人気です。
日本酒・焼酎にも、こだわっています。
かっこいいご主人と品のある奥さんが、とってもあたたかな感じで、心地よく食事がすすみました(^^)かっこいいご主人と品のある奥さん
埼玉県川越市「地鶏やきとり中村屋」さんです埼玉県川越市「地鶏やきとり中村屋」さんです
埼玉県川越市「地鶏やきとり中村屋」さんです。
きさくな大将です。
大将が広げているのれんは晴れの日用で左が雨の日用だそう。なんだか面白い。
(^^) 
この日は雨だったので、左ののれんでした。
偶然です。中村屋さんの常連さんで「
の大ファンだそうです。ありがとうございま~す。
「吽」の大ファン

これからも“吽倶楽部”がどんどん広がりますようにm(ーー)m

翌日、せっかくなので川越観光してきました。

埼玉県川越市「地鶏やきとり中村屋」さんです徳川家ゆかりの天台宗寺院で、
徳川家光誕生の間、春日局化粧の間など
江戸城ゆかりの建造物など、文化財がたくさんあります。
「吽」の大ファン
川越の町並み
「蔵造り」の町並みが今も残っています。
川越の町並み
川越慕情「時の鐘」川越慕情「時の鐘」
寛永の創建から約350年間、暮らしにかかせない「時」を告げてきた川越のシンボル
毎日、午前6時、正午、午後3時、午後6時に「時の鐘」が響きます。

古い物が残る、とっても良いところでした。

2012 年 4 月のお知らせ 3月25日 竹葉会の試飲会だよ

2012 年 4 月のお知らせ

3月25日 竹葉会の試飲会だよ

2012 年 4 月 3 日 火曜日

2012年3月25日 「竹葉会」のメンバーで能登町宇出津の数馬酒造さんへ、いってきました。

試飲してます
試飲してます。数馬さんのお酒、全部試飲させてもらいました。
「石川門仕込み 純米生原酒」旨かったです。残り180本。能田屋36本わけていただきました。
日本一若い酒蔵の社長
左から日本一若い酒蔵の社長!、杜氏の四家さんです。1本1本気持ちの入ったお話しでした。
日本一イケメン!!の若社長おすすめ 「のんべえ天狗」
↑↑↑↑↑日本一イケメン!!の若社長おすすめ 「のんべえ天狗」昔ながらの味わいが旨い☆
右の方は、竹葉会会長の佐藤さんです
右の方は、竹葉会会長の佐藤さんです。そしてファン激増! 若社長です。
民宿割烹「かね八」
近くの民宿割烹「かね八」さんで、お食事。ぼたんえびのお刺身、牛肉のしゃぶしゃぶ、くじら・・・取れたて新鮮なお魚と食べきれない(全部食べたけど)お料理の数々たくさんいただきました。
そして最後は・・・温泉です
そして最後は・・・温泉です。「能登七見健康福祉の郷 なごみ」でゆったり。
お風呂あがりのマッサージ(^^)最高でした。

2012 年 11 月毎年恒例 オリジナル焼酎「俺の生きがい」試飲会

2012 年 11 月のお知らせ

毎年恒例 オリジナル焼酎「俺の生きがい」試飲会

2012 年 11 月 2 日 金曜日

寒くなってまいりました。
あったかいものが恋しい季節です。
2012年10月26日金曜日→花金です!(もう古いかなぁ・・・)
毎年恒例になっております焼酎「俺の生きがい」の試飲会を開催しました。

片町スクランブル交差点です (^^)

オリジナル焼酎「俺の生きがい」試飲会「俺の生きがい」の試飲会を開催
土村屋酒店さん土村屋酒店さん
「いかがですかぁ。こちらは、10年以上熟成させた麦焼酎になってます。ウイスキーのような深い香り
があるんですよぉ。」
お仕事帰りの会社員の方観光の方

お仕事帰りの会社員の方、OLのみなさん、観光の方、たくさんの方が、
立ち寄ってくれました。

「香りがいいですねぇ。」
「風味があって美味しい!」
などなど・・・
お湯割りも最高の「俺の生きがい」です。
今年で15回になる試飲会ですが、大好評でした。

寒い中、お越しいただいた皆様。ありがとうございました。

緑さんと行く サントリー山崎蒸溜所2011

2011 年 7 月のお知らせ

緑さんと行く サントリー山崎蒸溜所2011☆

2011 年 7 月 27 日 水曜日

2011年6月19日
ラウンジ緑さんの美人ママさんとサントリー山崎蒸留所&関西の旅へ(^^)

癒し系美人ママの真知子さん(左)とスラッと知的な晴子さん(右癒し系美人ママの真知子さん(左)とスラッと知的な晴子さん(右)です。
サントリー創業者 鳥居信治郎氏と佐治敬三氏の銅像です。
山崎蒸溜所は、鳥居信治朗さんが日本で初めてつくったモルトウイスキー蒸溜所だそう。すごい人です。

初代のポットスチルです。堂々たるお姿!
歴史を感じます。
初代のポットスチル
素敵なジェントルマン☆
サントリー金沢支店 千原支店長です。
お世話になります。
サントリー金沢支店 千原支店長
講習です。銘酒「響」はどうやってできるのか。   
原酒の樽一万本のうち、「響」となるのは
わずか200本だそうです。
選び抜かれたウイスキー「響」納得です。
講習です。銘酒「響」はどうやってできるのか。
仕込みの段階この中で、麦芽を粉砕したものと温ためた仕込み水をかき混ぜて、お粥のような状態にして糖化しています仕込みの段階
この中で、麦芽を粉砕したものと温ためた仕込み水をかき混ぜて、お粥のような状態にして糖化しています。

なかなかこの中は、見せてもらえないのですがなかなかこの中は、見せてもらえないのですが、特別に・・・・・
麦芽の甘い良い香りが充満してましたあったか~いです。
麦芽の甘い良い香りが充満してました。
発酵槽のもろみです発酵槽のもろみです。
ポットスチルです。ピカリポットスチルです。ピカリ
山崎蒸溜所の松山さん。
たくさんの樽が眠っていますが、
阪神大震災前は、五段ほどに積み上げていたのですが、あまりの被害の甚大さに震災後は、三段だけ積むようになったそうです。
山崎蒸溜所の松山さん
これは、右が4年熟成樽 左が12年熟成樽
結構、年数たつと減っています。
いわゆる「天使のわけまえ」。
樽いっぱいに満たしてあった原酒が、自然に蒸発して減ってしまいます。
天使に分けた分だけおいしくなるかな。
右が4年熟成樽 左が12年熟成樽
山崎蒸溜所は古くから竹林に囲まれ山崎蒸溜所は古くから竹林に囲まれ、
「離宮の水」と呼ばれる清らかな水が湧き出ています。竹はきれいな水を好むんだそう。
真ん中の白っぽい竹は、この4月に生まれたばかり。竹ってすごいエネルギーで成長するんですよねえ。感動。私にもその生命力を分けてええ。・・・・
清水あふるる素晴らしい竹林でした。
ウイスキーは低カロリーで、ポリフェノールやメラニン色素抑制成分もはいってるんだ!
美容と健康にバッチリな飲み物なんですね。あのCMのあの人も
、だから綺麗なんだ。もちろん、
真知子さんと晴子さんも、だから綺麗なんですね。(^^)↑↑↑
ウイスキー

山崎蒸溜所さん、ありがとうございました。
さてさて、そろそろお昼ごはん。
京都市役所近くの「京料理 京四季」さんへ

店内に飾られた 時計草店内に飾られた 時計草
「なかなか花は開かず、一日の数時間しか咲かないのですが、とっても珍しく今日は綺麗に咲いてよかったです。」と、店主の寿安さん。  そんな事聞くとにお花にも迎えられたようでなんだか嬉しい。
寿安さんも、とても品のある紳士です。
京四季さんの「ひさご弁当」を前に、にっこり

瓢箪の器の中身は↓↓↓
京四季さんの「ひさご弁当」を前に
一品一品京だしの上品な味わいがしみて一品一品京だしの上品な味わいがしみて、おいしかった(^^)
元公家さんのお屋敷ということで、奥のゆったりとしたお座敷で、寿安さんのお手前をいただきました。公家のお姫様気分にひたれたひととき寿安さんのお手前をいただきました
店主 寿安さんとみんなでパチリ最後は店主 寿安さんとみんなでパチリ!
優雅な時間をありがとうございまいた。
真剣な表情の真知子さんいつになく真剣な表情の真知子さん。縁結びの神様「下鴨神社」にて
大阪ステーションシティ内さて、夕ご飯です。
大阪ステーションシティ内
「うを佐」さんへ
←店長の田中さん(右) 板さん
わお!一同びっくり。
鮎の天麩羅庭園盛りだぁ(><)
お刺身、お肉、きんきの焼き物、おすし等等
食べきれない(全部食べましたが・・・)ほど
で、おいしくいただきました。
ありがとうございました。
鮎の天麩羅庭園盛りだぁ
大阪ヒルトン BARにやってまいりました大阪ヒルトン BARにやってまいりました。
とっても優しかった店員さんです。
大盛り上がり(超酔っ払い)の私たちにタンバリンを持ってきてくれました。
今宵は、なつかしのオールディーズナンバーを聴かせてくれたシンガーのお二人。
なんと、金沢東急ホテルでも、歌っていたそうです。!!親近感(^^)
男性の声が、とにかくいい声でした。
オールディーズナンバーを聴かせてくれたシンガーのお二人
ウイスキーの勉強もしっかり・・・できたし、有意義な関西の旅でしたはい、楽しい一日でした。
ヒルトンBARのみなさん、ありがとうございました。
翌日は、新世界にて、串カツをいただきました。これぞ大阪の味!!すごくおいしかった。地元の方ばっかりで、さりげなく俳優の
赤井秀和さんが・・・「アァッ!!!」って感じでしたが、真知子さんにウインクして、去っていきました。
今回も、ウイスキーの勉強もしっかり・・・できたし、有意義な関西の旅でした。

田植え!!新緑はきれいでしたが、農家は大変だを実感。2011 年 5 月 27 日

田植え!!新緑はきれいでしたが、農家は大変だを実感。

2011 年 5 月 27 日 金曜日

5月15日  五月晴れ
能登宇出津 「竹葉」数馬酒造恒例 酒米の田植えです。
酒米の最高峰「山田錦」を植えてきました。

大きな田んぼにびっくりこの大きな田んぼにびっくり。これをうえるのかぁ!!とにかく  まずは、”わくころがし”という作業からはじまりました。田んぼにきれいな格子の模様があらわれます。
格子にあわせて苗を植えます。
足がぬけない~さあ、始めようかと思ったら、赤い服の女性Aさんが、「足がぬけない~」・・・たくさん男がいるのに誰も助けない(==)わたくし、手をさしのべ↓↓↓
Aさん「長靴がぬけたぁ~」
長靴だけ残り、大根のように
酒蔵の息子さんが、抜いています。・・・この先大丈夫かな。
長靴だけ残り、大根のように
一列に並んでスタートさあ、ほんとにはじまりました。一列に並んでスタート。
まだ、みんな元気です。
最初は一人4本づつでしたが頑張っています。最初は一人4本づつでしたが、なぜか差がつき、私は、5本に増やされ・・・ふんばって手をのばしてつらかった・・・
なぜか差がつき、私は、5本に増やされ・息子さんのさわやかショット
終わったあとの全員の記念撮影息子さんのさわやかショット☆
←終わったあとの全員の記念撮影。誰かいないと思ったら、赤い服のAさん・・・途中で、転んでべっちょり。やっぱり・・・で、白い服に着替えたのでした。
お昼ごはんですお昼ごはんです。季節は五月・・・竹の子ごはんに、のぶきの煮物、かたはのきんぴら風等など山菜料理を堪能しました。心地よい疲れに、みんな笑顔
田植えの後。せっかくなので、観光です田植えの後。
せっかくなので、観光です。
狼煙灯台へいってきました。
この坂が・・・結構急な傾斜!
田植えアフターの私たちには、大変きつかったぁ。
しんど・・・・
結構急な傾斜!
能登半島最北端能登半島最北端。
「日本の灯台50選のひとつ」
で、日の出と日の入が見える灯台で有名。
ここに来ると、地球は丸い、世界はつながってんだなぁ、なんて思ったりします。   
灯台から見おろした海。
畳岩になって、見事な景色でした。
明日どころか、あの坂ですでに、筋肉痛な私。でも、自分で植えた酒米で、できる美酒を楽しみに、よい一日でした。

常きげん(鹿野酒造)訪問しました。2011 年 5 月 24 日 火曜日

2011 年 5 月のお知らせ

常きげん(鹿野酒造)訪問しました。2011,02,13

2011 年 5 月 24 日 火曜日

常きげんさんにいって来ました。雪がちらつく寒~い2月です。
道に迷いながらも(田園風景ののどかなところ)、やっと酒蔵に到着。
酒蔵は極寒の今、酒造りで、杜氏の熱気はムンムンです。

40%精米の純米大吟醸のもろみが40%精米の純米大吟醸のもろみが美しくならんでいます。ぶくぶく泡だってほんとに白くて綺麗。なんともいえないフルーティないい香りです。
常きげん 農口杜氏とともに酒造りに情熱いっぱいの第二杜氏 木谷さんです。農口さんの教えのもと、しっかりと
もろみの状態をチェックして記録しておきます。
常きげん 農口杜氏
しぼって二日目の40%精米斗瓶大吟醸です。しぼって二日目の40%精米斗瓶大吟醸です。
農口さん・・・ 
   「今から3本~5本しぼるんや。」
今から3本~5本しぼるんや。」
常きげんの田んぼです常きげんの田んぼです。
酒米山田錦を自社栽培しています。
蓮如上人と由来の
「白水の井戸」です。ここから湧き出る清らかな水は、軟水で酒の仕込みに。この名水あっての常きげんとも。
白水の井戸
農口杜氏さんとパチリ農口杜氏さんとパチリ。
酒造りでは、鬼といわれる農口さんですが、普段は、本当に温かい笑顔が印象的!!
お顔もつやつやでお元気です。今年も美味しい農口さんのお酒。よろしくお願いいたします。 _(^^)_

ラウンジ緑さんと行く サントリー山崎蒸溜所研修旅行 2010 年 7 月 26 日 月曜日

2010 年 7 月のお知らせ

ラウンジ緑さんと行く サントリー山崎蒸溜所研修旅行

2010 年 7 月 26 日 月曜日

平成22年6月13日   晴れ

サントリー山崎蒸溜所見学ですサントリー山崎蒸溜所見学です。蒸溜所の偉い方!に色々説明してもらいました。
ここは、「仕込み」ウイスキーの原液(もろみ)をつくっている釜を見せてもらってます。仕込みに使う水の良し悪しで原酒の風味や品質が大きく違ってきます。だから名水の里「山崎」なのですね。「山崎」は万葉歌にも詠まれるほど、昔から清き名水の地として有名だそう。なんとも雅な感じ(^^)  で、そんな名水から生まれる原酒は素晴らしいに違いない!
仕込み釜です仕込み釜です。
発酵槽です発酵槽です。発酵の段階でウイスキーの味と香りがうまれます。ウイスキーの骨格を決める重要なところです。
発酵槽の中Ⅰ発酵槽の中Ⅰ ウイスキーの発酵は3日間行いますが、発酵の最盛期には純白の泡がぐんぐん盛り上がってくるので、溢れ出ないようにプロペラでまわしています。
発酵槽の中Ⅱ発酵槽の中Ⅱ  はじめは細かい泡がたち、だんだん激しくなり槽の中は純白の泡に包まれます。やがておだやかに、澄んできます。それがこの状態です。
ポットスチルポットスチル! ウイスキーの工程といえばこれですよね。発酵の終わったもろみをいれて蒸溜してます。銅製のポットスチルが立ち並んでいるのって、異国情緒たっぷり。なんと、ポットスチルの高さで、ウイスキーの味がすっきりタイプと厚みのあるタイプかに、分かれるんだって。ちなみに背が高いほうが、スッキリとキレのある味になって、低いと厚みのある味わいになるそう。
検度器これは、検度器といいます。この検度器を見つめて、スチルマン(蒸溜担当の職人さん)がウイスキーとなるハートの部分を見極めます。溜出した液体は、3つの部分にわけられますが、最初の10~30分の間に溜出した部分はヘッド、スチルマンが判断して切り替えのタイミングを決めて、真ん中のウイスキーになる部分のハート♥と、残りの後溜の部分にわかれます。スチルマンは常に一番バランスの良いところを見極めなきゃいけないので、緊張の作業です。この工程を経て、うまれたばかりのウイスキー(ニューポット)ができます。
熟成中です熟成中です。できたてのウイスキーが樽でゆっくり熟成されて、ウイスキーの複雑な香りや深み、まろやかさがうまれます。ゆっくり眠って美味しいウイスキーになってね。
蒸溜所の偉い方(真知子さんで・・・)、真知子さん、晴子さん、私です右から、蒸溜所の偉い方(真知子さんで・・・)、真知子さん、晴子さん、私です   (^^)ウイスキーが眠る樽の中の説明してもらってます。ふむふむ・・・
講習会です講習会です。じっと座ってるのがニガテなアクティブな私たち(><)・・・が、今からテイスティングなので興味深々です。
左から左から"ホワイトオーク樽原酒””シェリー樽原酒””ミズナラ樽原酒””知多グレーン原酒”  それぞれ比べると味の違いがよくわかる! 普通ブレンデッドウイスキーで20~30種類の原酒をブレンドするそう!! 奥深いなぁ。
それぞれ全然違う味わいにブレンドされたウイスキーですそれぞれ全然違う味わいにブレンドされたウイスキーです。印象的だったのは、真ん中のグラス←ものすごくスモーキーな香りがガツンときたぁぁぁぁのでした。
大変勉強になりました。ウイスキーのことよく分かった!気がします(^^)サントリー山崎蒸溜所のみなさんありがとうございました。
名水の地「山崎の里」を後にして、少しお酒も入って(テイスティングは食前酒?)調度お腹も空きました一向は お昼ごはんです!!
錦水亭「錦水亭」竹の子料理のお店です。
素敵なところです。
「錦水亭」屋からのお庭の眺めも最高です部屋からのお庭の眺めも最高です。 
右から晴子さん&真知子さんです長らくお待たせいたしました。やっと美しいお二人がアップで登場です。右から晴子さん&真知子さんです。
次の目的地 神戸へ次の目的地 神戸へ
神戸クルージングです神戸クルージングです!!!
さすが♪港まっち神戸
風がさわやかぁ~
大阪湾のトワイライトタイム大阪湾のトワイライトタイム
大阪湾のトワイライトタイムを満喫(^^)

平成22年3月14日 日本醗酵 ちょんがりぶしの蔵

2010 年 5 月のお知らせ

平成22年3月14日 日本醗酵 ちょんがりぶしの蔵

2010 年 5 月 8 日 土曜日

このタンク達には、何十年ものの焼酎がねむっています

何十回目の訪問でしょう?  でもまだまだ奥の深いちょんがりぶし。

未公開映像です。

このタンク達には、何十年ものの焼酎がねむっています。

まるで、宝の山!

この中から、選りすぐり、ブレンドしています。

容量6300Lタンク  (これでも小さい方のタンクです)

容量6300Lタンク  (これでも小さい方のタンクです)

ブレンドした「オリジナル焼酎 俺の生きがい」 が、瓶詰めを待っています。

蒸留機

蒸留機です。  青空に映える朱色がきれい。

また、来ますね・・・・・(^^)


平成22年3月7日 三笑楽酒造にいってきました。

こちらが、しぼり機平成22年3月7日 三笑楽酒造にいってきました。

2010 年 5 月 8 日 土曜日

三笑楽酒造です

三笑楽酒造です。
息子の 専務さんです。とても熱心な杜氏さんでもあります。
アップでないのが、残念なくらい   イケメンですよ。
3月・・・春なのに、この雪でした
3月・・・春なのに、この雪でした。 さむ~い。
三笑楽酒造丘の上の酒蔵
丘の上の酒蔵。
階段を下りて・・・
階段を下りて・・・
そこには          お堀・・・・?
五箇山の集落は、一件ごとに家の周りにお堀がそうです
五箇山の集落は、一件ごとに家の周りにお堀がそうです。すごいお城みたい。
whatなぜ(?_?)     それは、雪を捨てるためです!
さすが、豪雪地帯。  雪すかし大変だろうなあ。
いざ、蔵のなかへ
あっ  蔵人Aさん
あっ  蔵人Aさん。   酒造りの道具を洗っています。
Aさんも、なかなかのいい男。 独身です。
ところで、三笑楽では、雪深いこの地、水も清らかぁ。
そんでもって、すごいのは
山からの清水と川からの清水 2種類の水がこんこんと湧き出ているんです。
山の湧き水で道具を洗い、川の湧き水をお酒につかっています。
先ほどから、お米の甘い香りがいっぱいなのです。
うわっ  今まさに、醗酵中(>0<)
酵母の力ってすごい
酵母の力ってすごい。雲海みたい。ふつふつふつ・・・・酵母のささやき。
このままじゃ、泡があふれちゃうので・・・
優しく、攪拌しております
優しく、攪拌しております。
そして、元気な酵母たちも、少し大人になって
落ち着きました。いい感じです
落ち着きました。いい感じです。
この後、搾ります。
こちらが、しぼり機
こちらが、しぼり機。
搾ったお酒を、タンクでねかせます
搾ったお酒を、タンクでねかせます。
ゆっくりやすんでね。  おいしくな~れ。
あっ  イケメン専務が、なにか真剣です。
もしかしてそれは・・・・
特別なお酒    斗瓶囲いの大吟醸
特別なお酒    斗瓶囲いの大吟醸
自然にしたたり落ちる雫を、斗瓶にいれていきます。
袋しぼりの首吊りです
こちらが、そのタンクの中   袋しぼりの首吊りです。
専務、そんないいですよぉ  試飲なんてっ・・・・
えっ  せっかくですからって・・・ すいません。お言葉に甘えて(^0^)
袋からしたたり落ちるまさに、貴重なお酒をいただきました
袋からしたたり落ちるまさに、貴重なお酒をいただきました。
おいしい!  と言いたいところですが・・・・まだまだ若い感じ。
このお酒は、精米40%まで磨き抜かれたお酒なので、
本当の味がでるのはゆっくりねかせてから(人間と一緒ですね。私もいい味でてきてるかな。)
静かにねかせて完成した大吟醸は、なんともいえないおいしさ。
まろやかで香りも優雅で華やか、魅力的です。(わたしのように・・・(>_<)
今年は、特に寒く、お酒の出来も上々のようです。やったぁ\(^0^)/
楽しい五箇山 三笑楽の旅でした。もちろん、おいしい豆腐もいただきました。
おわり
|

平成22年3月14日 早春の宗玄酒造 青空の能登路 最高でした!

平成22年3月14日 早春の宗玄酒造 青空の能登路 最高でした!

2010 年 5 月 8 日 土曜日

宗玄酒造

3月14日 快晴!気持ちいい(^0^)   やってまいりました。宗玄酒造です。

麹室

ここは、麹室。 この木の台で、蒸し米を広げて、麹菌を均等にまきます。

そして、この渋い方が、坂口杜氏さんです。近い将来、能登杜氏の四天王となる貴重な

お方なのです。  とってもシャイな人なので、正面からのこの写真は珍しい。(盗み撮りです)

麹の温度管理もばっちり。低温でゆっくり醗酵できます

す、す、すばらしい施設です。

麹の温度管理もばっちり。低温でゆっくり醗酵できます。

麹はどうかな

麹はどうかな?

坂口杜氏と大門部長です。

大門?西部警察の?(古いですが・・・わかる人には分かる)いえいえ違います。

背も高くて、いかつい感じ・・・いえいえ、やり手の頼れる部長さんです。(>_<)

醗酵中

醗酵中。 おいしそうに見えるのは、私だけ・・・・。

醗酵中のもろみの温度を、冷やしております

醗酵中のもろみの温度を、冷やしております。真ん中のところに氷が入ってます。

「もろみさん、どうぞそんなに興奮して熱くならないで。ゆっくり醗酵してね。」

落ち着きました。 おいしそうに見えるのは私だけ・・・

落ち着きました。 おいしそうに見えるのは私だけ・・・。

この後

しぼります。

貴重なお酒 斗瓶囲いを保存している冷蔵庫中

貴重なお酒 斗瓶囲いを保存している冷蔵庫中。

平成20年2月17日奥能登の白菊(白藤酒造)

2008 年 2 月のお知らせ

平成20年2月17日奥能登の白菊(白藤酒造)

2008 年 2 月 17 日 日曜日

平成20年2月17日
毎年恒例の二の字さんと愉快な仲間たち 酒蔵見学です
毎年西さんが運転で行ってきました  かわいそう  ほんとに?
今年は、能登沖地震から初めての仕込み!蔵の損害も大変でしょう
数年前から気になっていた白藤酒造さんへ行ってきました。

蒸し場は大好きな和釜です蒸し場は大好きな和釜です。
 (旨い酒が出来るはずです)
この日は大変寒い日でした。
和釜の中には暖かいお湯が、、
皆さんかじかんだ手を釜にあてて暖めてました
杜氏さんごめんなさい
右が今年の仕込みにぎりぎり間に合った新しい蔵です。
まだ新しい木の香りが残っていました。
右が今年の仕込みにぎりぎり間に合った新しい蔵です。
からしば 良い蔵には必ずありますからしば
息子さんが熱烈に望んだ場所です
良い蔵には必ずあります。
絞りはふねで絞っています。
杜氏の坂口さん出してしまいました ごめんなさい(^^;)
杜氏の坂口さん
濁り酒を手詰めで瓶詰めしています濁り酒を手詰めで瓶詰めしています。
後ろのタンクに濁り酒が入っています。
一同試飲させていただきました。旨い真ん中の方が若奥さんで昨年の11月に金沢国税局の地酒振興の会議で隣になり熱心なスピーチで感激しました。その節は大変お世話になりました。
その後は皆さんお楽しみの試飲です。
残念ながら純米吟醸は売り切れで試飲だけは出来ました。
特別本醸造(吟醸のブレンド)絶品です!
純米も売り切れでした。残念
とても心の暖かさの感じるすばらしい酒蔵でした。

頑張れ白藤酒造

金沢から微力ながら応援いたします。

頑張れ白藤酒造

平成19年5月13日 珠洲蛸島の櫻田酒造

2007 年 5 月のお知らせ

平成19年5月13日 珠洲蛸島の櫻田酒造

2007 年 5 月 13 日 日曜日

珠洲蛸島の櫻田酒造
能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

珠洲蛸島の櫻田酒造に向かいました、小さな蔵で 昨年から純米大慶を取り扱わせて頂いています。
純米大慶がしっかりした旨みとすっきりした喉ごし!これぞ日本酒だ!

玄関のまえで息子さんと玄関のまえで息子さんと
素朴な土地なので人柄がにじみ出ています
丁度酒米の苗(明日は田植え)
来年の美味しいお酒になーれ
丁度酒米の苗
奥は広い昔ながらの庭さすが旧家奥は広い昔ながらの庭
さすが旧家
能登地震の影響で蔵の壁が所々はがれていました。
酒には影響はありません。

息子さん曰く
蔵の壁を直したいのでみなさんにお酒をたーくさん
買ってちょうだい  って言ってました
能登地震の影響で蔵の壁が所々はがれていました
タンク 全部で何本かな タンク 全部で何本かな ほのぼのする
土村酒店曰く なんて素朴な蔵なんだろう

お土産に純米大慶販売していない無濾過の生原酒を頂きました。今日はこれで晩酌だ!(運転手)



平成19年5月13日 奥能登焼酎ちょんがりぶし 日本醗酵化成

平成19年5月13日 奥能登焼酎ちょんがりぶし 日本醗酵化成

2007 年 5 月 13 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

平成19年5月13日 日本醗酵㈱
能登地震の後有料道路開通の知らせを聞き久保酒店、土村酒店と珠洲へ
能登有料道路は数箇所、がけ崩れが有り仮説道路でくねくねと一斜線がつづきました。
金沢から珠洲までの時間は地震前とあまり変わりませんでした。
皆さんも能登に行きましょう

珠洲見付島珠洲見付島のホテルで社長に刺身をご馳走に、ふと見ると水槽に魚介類が
追加でホタテ、白貝の刺身甘くて旨い一同御飯のお代わり
蔵で昨年400Lのオーク樽10本に
詰めた原酒
蔵で昨年400Lのオーク樽10本
5年前にウイスキーが入っていた200Lのオーク樽に入れた原酒です5年前にウイスキーが入っていた200Lのオーク樽に入れた原酒です。
試飲しました50度以上ありますが度数を感じさせないまろやかさ、
旨みがあり、日本醗酵の原酒の良さを感じました。
これを45度位で今後ネーミングを考え発売しようかな、、、
試飲しました50度以上ありますが度数を感じさせないまろやかさ
今は使っていない煙突地震で今は使っていない煙突地震で
危ないそうで、来週壊すそうです
ら らんららららん
天空の城ラピュタの朽ちたロボットの場面を思い浮かべた
時代を感じさせる場所です 西一言
事務所の中 能登の女性は働き者事務所の中 能登の天空の城ラピュタの朽ちたロボットの場面を思い浮かべた女性は働き者 昔から能登では「ととらく」
女性は働き者でとうちゃんは楽をするといわれています。
社長がうらやましい!!!!!!

平成19年2月18日 秘境五箇山 三笑楽(三笑楽酒造) 

2007 年 2 月のお知らせ

平成19年2月18日 秘境五箇山 三笑楽(三笑楽酒造) 

2007 年 2 月 18 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

19年2月18日三笑楽にごり酒開き
三笑楽の社長が金沢で接待とデート?で味処山下様にいかれるので 
にごり酒の解禁の宴会に呼ばれました。
味処山下様ご夫婦 長男俊一郎君、従業員の北川君と一路秘境五箇山へ向かいました。

三笑楽の社長が金沢で接待とデート?で味処山下様にいかれるので 蔵に着くと丁度昼、宴会の真っ只中高価な弁当を頂き席につく、
周りは富山の著名人、マスコミの人、人・・・・・
気の小さい私は、酒も飲めず(今日は運転手)静かに弁当を食うしかない!
皆は濁り酒で乾杯!今年の出来は暖冬で米が解けているのに旨い
これは売れそう!
一年分買ってしまった
三笑楽の社長が金沢で接待とデート?で味処山下様にいかれるので 
いよいよ京都祇園の芸子さんのお越しです、JRの雷鳥で朝京都を出たそうです。
車中も芸子さんのイメージを保つため着物のままだそうです。(大変)
京都祇園の芸子さんのお越しです
三笑楽の社長の挨拶三笑楽の社長の挨拶、得意の楽しい?冗談を交え嬉しそう!!
芸子さんの舞が始まると、皆はデジカメ、携帯のフラッシュのあめあられ芸子さんの舞が始まると
山下様の嬉しそうな笑顔山下様の嬉しそうな笑顔、最初はいやだといっていたのがうそみたい
男は皆和服と美人に弱いかな?
       
北川君が蔵見たことないので社長の息子さんに頼み30分ほど勉強し戻ると、山下様はまだ芸子さんとおしゃべりしていました。好きだね~~

平成19年2月11日 天狗舞(車多酒造)

平成19年2月11日 天狗舞(車多酒造)

2007 年 2 月 11 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

毎年恒例の二の字さんと愉快な仲間たち 酒蔵見学です
もちろん西さんの運転です 変わりはいません!
旧松任市の田園風景ののどかな町です

いよいよ天狗舞の酒蔵見学のはじまりはじまりいよいよ天狗舞の酒蔵見学のはじまりはじまり
天狗舞は全てが井戸水を使っています。
なので水道がありません!
これが精米器です!このでかいのが
奥にもならんでいます
大吟醸の精米には大変に気を遣い
全て自家精米です
これが精米器です
蒸し蒲です蒸し蒲です 
下に水を張って涌かして米を蒸し上げます
大きさ???
4人がゆっくりお風呂に入れるくらいかな(By西)
麹室です
ここから先は見るだけです、、、
昔の伝統をしっかり守っています!一同
麹室です
ここでは吟醸酒の香りをビンに閉じこめるここでは吟醸酒の香りをビンに閉じこめるために
すばらしい技術を使っています
それは、、、、、

それで天狗舞の吟醸酒はすばらしい

仕込蔵で説明を聞いています
お酒の芳醇な香りがんんんん飲みたい!
二の字のママも珍しく聞き入っています
仕込蔵で説明を聞いています
山廃純米の絞りたてをちょうど運良く山廃純米の絞りたてを
直接飲まして頂きました 
原酒で18度以上ありますが
さすがに旨い
ママの顔がだんだんニコニコしてました
車多専務と専務の奥様、
    船本さん中川さん横山さん
を交え酒談議に話が盛り上がり多数の酒を試飲させて頂きました
帰りに日本酒と剣崎なんばを買って帰りました
みんな大満足でした!
昔の伝統を守りながら新しい技術との融合 
    すばらしい酒蔵です
車多専務と専務の奥様、

平成19年2月11日 萬歳楽(白山蔵)

平成19年2月11日 萬歳楽(白山蔵)

2007 年 2 月 11 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v
         
毎年恒例の二の字さんと愉快な仲間たち 酒蔵見学です
毎年飲めない西さんが運転で行ってきました かわいそう ほんとに?
萬歳楽白山蔵(鳥越の手前です 山の中だよ)

山の中に近代的な蔵山の中に近代的な蔵
中はもっとすごい  ハイテクー て感じです!
将来の酒蔵はこうなっていくかもしれない
麹室の扉の前です。
近代的に全て管理しています。右奥に見えるのが管理パネルだよ(by西)
麹室の扉の前です
仕上げの室の扉の前仕上げの室の扉の前で工程の説明を聞いています
それよりも飲みたい!一同(^_^;)
酒のタンクの上です
全面床張りで作業がしやすいです
酒のタンクの上です
仕込タンクの中をのぞいてみました仕込タンクの中をのぞいてみました
仕込タンクの温度管理パネルです
タンクの配置と同じ位置に配列してあり視野的に分かるようになっているそうです
仕込タンクの温度管理パネルです
1Fから見た仕込タンク清潔感がすばらしい1Fから見た仕込タンク清潔感がすばらしい
自動で動く台車です
ゴルフのカートを思い出して下さい
自動で動く台車です
皆さんが楽しみに待ってた試飲の始まりです皆さんが楽しみに待ってた試飲の始まりです
二の字さんと愉快な仲間たちの本領発揮
白山の特別純米は皆絶賛 最高です!

平成19年2月4日 天狗舞(車多酒造)

平成19年2月4日 天狗舞(車多酒造)

2007 年 2 月 4 日 日曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

味処 山下さんに天狗舞の社長、専務が度々来られるので、山下のマスターが一度蔵見学に行きたいとのことで息子の俊ちゃんと私と能田屋の女将さんとで行くはずだったのですが、、、あいにく俊ちゃんが風邪で欠席、3人で行くことになりました。

蒸し米を運ぶコンベアーです蒸し米を運ぶコンベアーです。
伝統的な道具と、近代的機械が共存してます。
酒つくりにはその道具も大事です。
毎年清潔に管理し、古いものでは50年前の道具もあるそうです。
そして、酒つくりの前にはお祓いもするそう・・・日本の心を感じます。合掌(-_-)
ここは麹室です
麹とは米に麹菌を繁殖させたものです。
天狗舞が一番こだわりをもって魂を注いでいます。
麹に生えている麹菌が造り出す酵素がお米を糖化します。天狗舞の麹は、全て手造りです。
微生物の麹菌と対話をするかのように、麹造りは行われます。
麹の乾燥です
麹の乾燥です麹の乾燥です。とっても気持ち良さそうに寝ているようでした。ベッドみたい。
手で触れ手みた(^o^)
もろみ(酒母)の醗酵です。ふつふつとお酒は生きてるって感じです。それにしても
甘いような温かさを感じる酵母の香りに癒されます。旨し酒万歳!
もろみ(酒母)の醗酵です
専務と船本さんを囲んでの試飲です専務と船本さんを囲んでの試飲です。
神の力を感じる荘厳な蔵を見てからの試飲はわくわく感も倍増です・・・「純米酒 旨醇」・・・うん食事がすすみそう>「文政六年」・・・よい香り♪
「古々酒吟醸」・・・う~ん、うまいです。3人は満足(^^)
山下さん、、、、旨醇をメニューに入れるって張りきっていました。

平成18年11月2日 福光屋 黒帯、加賀鳶

2006 年 11 月のお知らせ

平成18年11月2日 福光屋 黒帯、加賀鳶

2006 年 11 月 2 日 木曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

3月中旬に金沢西念町にて居酒屋開店する「くろご」藤岡様と加賀鳶、黒帯の勉強に行ってきました。

蔵の仕込み水の100年水です 蔵の仕込み水の100年水です。
金沢大学で水の検査をしてもらったら、いろんな地層を採取でき100年前に降った雨水だろうという結果です。
100年前にタイムスリップ!
純米大吟醸の米洗い
時間との戦いです!
純米大吟醸の米洗い
醗酵して持ち上がってきた泡を醗酵して持ち上がってきた泡を
泡けしきで消しています!
山廃もと造り、、、藤岡君分かったかな?山廃もと造り
ただ今醗酵中!!ただ今醗酵中!!
げんき(^_^)v元気
もうすぐ絞ります!
試飲すると甘酒みたいな味です(by藤岡)
もうすぐ絞ります
もろみを絞っていますもろみを絞っています
思ったよりもでっかい機械です!(by藤岡)絞りたてのお酒は酸味がありピリピリしています
絞った酒粕で料理を造りたい(by藤岡)
店で使うお酒を試飲しています(*^_^*)
福光屋さんは100%純米蔵です
全国中でもこれだけの規模では珍しい

左から梁井常務と北山支店長です
ご案内有り難うございました

店で使うお酒を試飲しています

平成18年8月30日 奥能登焼酎 ちょんがりぶし 日本醗酵化成

2006 年 8 月のお知らせ

平成18年8月30日 奥能登焼酎 ちょんがりぶし 日本醗酵化成

2006 年 8 月 30 日 水曜日

能田屋酒店、店主酒蔵訪問記(^_^)v

平成18年8月30日

昨日社長からの電話で、、、
六珀がもうなくなる
突然の、、、、でんわ(>_<)来週にでもいきますと言ったら!!
保たないとの返事!!
翌日、土村酒店と珠洲へ向かった!
着いてみると本当になかった(^_^;)
社長は写真と同じでなんとのどかな人なんだろう
六珀がもうなくなる
いつこの煙突は壊すのだろう?いつこの煙突は壊すのだろう?
かれこれ言い出して6年過ぎたよ
お金もかかるし  とても高いんだそうな
でも災害が起こる前に、、、、ね
周りのタンクがぺしゃんこになるよ もたいないよ中身が、
真面目に試飲
3種類に絞られました
三人で討論まだ話はまとまらない!
写真の右から社長、土村酒店、能田屋酒店です
真面目に試飲
もう一度ブレンドのし直しもう一度
ブレンドのし直し

んんんんんーーー
これに決まり(^_^)v
タンクに入れて2週間後にもう一度試飲!
うまいことブレンド出来てますように
   おねがい<(_ _)>
これに決まり
いつもお世話になってる娘さん達恥ずかしがらないでこっちを見てよいつもお世話になってる娘さん達
恥ずかしがらないでこっちを見てよ   ね  ね
日本醗酵の皆様これからもよろしくお願いします

平成18年4月21日 夢醸(宮本酒造)

2006 年 4 月のお知らせ

平成18年4月21日 夢醸(宮本酒造)

2006 年 4 月 21 日 金曜日

能田屋酒店店主、酒蔵訪問記(^_^)v

平成18年4月21日今年2度目の夢醸会での訪問。
前回の訪問は1ヶ月ほど前そのときは新酒の試飲で訪れました。
今回は、夢醸会の今後の企画案の相談で訪れました。

酒母室酒母と麹が夢醸の旨さです。酒母室
酒母と麹が夢醸の旨さです。
仕込蔵です。
11月後半から3月初めまでが稼働時期です。
今は、貯蔵タンクでできあがった酒を寝かしています。
仕込蔵です
昔ながらの道具で昔ながらの酒づくりをしています昔ながらの道具で昔ながらの酒づくりをしています。
宮本酒造(創業1876年)から変わらぬ庭、
夏にはコンサートをしています。
奥には酒樽で造った秘密の茶室があります。(^_^)v
宮本酒造(創業1876年)から変わらぬ庭
この場所で会議をしたり無菌ぶたと水を一切足さずに酒を煮きった出汁のぶたしゃぶと夢醸!この場所で会議をしたり
無菌ぶたと水を一切足さずに酒を煮きった出汁の
ぶたしゃぶと夢醸!
その後にうどんを入れて腹一杯 
     うまいぞーーー
夢醸会の今年の企画中
珍しくみんなまじめな顔?
夢醸会の今年の企画中

各企画案
飲食店での料理とお酒の会
夢醸飲み比べセット(3酒類)
片町スクランブルでの試飲会

ページトップへ